ウエストゲイト英語教育の特長

英語教育30年を超える実績と実践的英語教育プログラム

ウエストゲイトは、日本における英語教育を根本的に刷新し、真のグローバル人材を育成するため、首都圏近郊および名古屋地区にて、小学生から大学生までを対象に英語教育を展開しています。


英語指導専門者が独自に開発した実践的英語教育プログラムを提供し、毎年4,000名を超える応募者から選抜された優秀な英語ネイティブスピーカー(英語を母国語とする外国人)講師が授業を担当します。コミュニケーションに重点を置くとともに、少人数制を基本とした授業を行っており、30年を超える英語教育の実績があります。


授業では、英語で意思疎通ができ、自分の意見を伝えることができるコミュニケーション力の育成に重点をおいています。初級レベルの学生は、基礎力の強化、段階的な会話力の養成を行います。中級から上級レベルの学生および留学を目指す学生は、英語コミュニケーション能力に加え、文章力、クリティカル・シンキング、分析力を養うCollege Skillsを段階的に養う学習を行います。「海外正規留学への準備学習」「実社会で広い視野をもったグローバル人材としての活躍」といった高いレベルの教育効果を目指します。卒業後、多国籍企業などでインターナショナルに活躍できるよう、短期間で最大限のコミュニケーション力の習得を目標とした英語教育を提供しています。


また近年、学校教育における英語指導者の英語力強化の必要性が高まっています。
ウエストゲイトでは2003年より時代のニーズを見据えて、小学校教員を目指す学生を対象とした英語教育法をトレーニングする[幼児・児童英語教師養成プログラム(CTYLEFL)]を提供しています。達成評価としてケンブリッジ大学英語検定機構(Cambridge English Language Assessment)が実施しているケンブリッジ英語検定を利用することもできます。

※ウエストゲイトは、Cambridge English Language Assessmentの公式試験センター(Authorized Centre)に認定されています。


中学生・高校生対象の[Secondary School Academic English Program]、小学生対象の[Young Learners English Program]では、国際バカロレアで目標とされているような、国際的視野を持ちグローバル社会での活躍を期待できる人材を多く輩出することを目標とします。これらのプログラムで学習する児童・生徒が、「自分の夢」「興味・関心」「目標」に沿った進路先として、海外大学への留学や国内大学への進学を自由に選択できる実力を高等学校卒業までに身につけることを目指します。ウエストゲイトは、可能性の幅を最大限広げられるようサポートします。

CEFR (Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment) は、外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠として策定され、欧州域内外で使われている。「共通参照レベル」として、6段階の言語能力(A1~C2)と5つの能力カテゴリーに分けて言語活動の内容を表している。
参考:
英語4技能試験情報サイト(英語4技能 資格・検定試験懇談会 作成)

効果的かつ体系的な授業

「毎日」「少人数制」「コミュニカティブアプローチ」

コミュニケーションスキルに重点を置き、英語習得理論に基づいた形態で授業を行います。
英語ネイティブスピーカー講師の利点を活かし、画期的な効果を生み出します。

経験豊富なネイティブスピーカー講師

毎年4,000 名以上の応募者より、狭き門をくぐって採用された英語指導経験が豊富で有能な講師が授業を担当します。
ウエストゲイトでは、全講師に対し充実したトレーニングを実施しています。着任前には対面研修を行い、学期中も定期的に研修や指導をしています。「経験」「知識」「人柄」において優れた、米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・アイルランド出身の講師が担当します。

万全のサポート体制

日本人スタッフが、授業実施や勤務に関する講師への指示や大学・学校様との連携を行います。
また、講師の健康面管理など、現場でのサポ-トも行います。豊富な実績で培った、導入に向けてのコンサルティング・運営から学期中の定期的な出席状況報告や成績報告まで、安定したプログラムを提供いたします。

ウエストゲイトプログラム導入のメリット



大学プログラムはこちら
中学校・高等学校プログラムはこちら
小学校プログラムはこちら


Page TOP