中学校・高等学校プログラム

Secondary School Academic English Program

日本語を介さない英語のみの授業により、高等学校卒業までに、自分の夢・興味・関心・目標に沿った進路を国内外で自由に選択できる実力を身につけます。
活躍の可能性の幅を最大限広げることを目指すと同時に、国際バカロレア資格IB(International Baccalaureate)の要素を備えたスキル*を養成します。


*IB (International Baccalaureate)=国際バカロレア資格の要素を備えたスキル
- チャレンジに満ちた総合的な教育プログラム
- 従来の教科を超えた、相互作用のある学習
- 国際感覚、国際協調の精神をもち、未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身につける。


クラスは少人数制です。プロのネイティブスピーカーが毎日継続的に指導をすることで、英語科目の教育水準を上げるお手伝いをします。
なお、当プログラムは小学校にて英語学習を充分に行い基礎力を備えた生徒を対象としております。

導入事例

  • 英語教育 / 授業改革
  • グローバル学習の推進

カリキュラム

近年加速するグローバル化への対応として、日本の生徒に求められるのは単なる英語力(言語力)のみでなく、自ら立案や検証をして実行に移す積極的態度(分析力、行動力)、国際的に通用する教養を養うことです。そのような生徒を育成するための[Secondary School Academic English Program]を提供いたします。

中学校

『英語で学び、英語で考え、英語で発信する』

小学校での英語授業で慣れ親しんだ創造力とクリティカル・シンキングの思考をより高めながら、生徒の習熟度に応じて、基礎力から応用力の習得に向けて学習します。
知的好奇心をかきたてる他教科に関する内容も幅広く学習し、考え、話し合い、発表できるような英語力を総合的に身につけます。他国の文化・歴史・論理、各地での環境問題等を学ぶ中で、世界の一員としての意識を高めます。

高等学校

『英語で思考・分析し、エッセイやスピーチを通して自らの意見を表明できる国際人としての英語力を習得する』

高等学校卒業時に社会で十分通用する英語力(CEFR B1~2)の習得を目標に学習します。
アカデミックな内容を学習し、国際的に通用する教養・知識を身につけることで、海外の大学への正規留学等、生徒の活躍の可能性を広げます。


教員研修プログラム
今後の国際化において、英語教育者の担う役割は重要性を増すことが必至です。生徒の英語力および総合的な人間力を最大限に高め、高等学校卒業後、国内外の大学で世界の仲間と共に勉強し、各自の得意分野で活躍できる道をひらくには、優れた指導が不可欠です。日本人教員と弊社の外国人講師が共に勤務する環境を整えることで、教員の英語力、また英語指導力の向上の機会を提供いたします。

ウエストゲイト英語教育の特長・メリットはこちら


Page TOP